早めにホテルの予約をしても急な予定が入り宿泊できない場合、キャンセルしないで放置したらどうなるのでしょうか。

ランキングを参考にしてホテルの予約をしましょう。
Pick Up Entry
ランキングを参考にしてホテルの予約をしましょう。

ホテルの予約をキャンセルしないで放置たらどうなるのか?

観光シーズンに備えて早めにホテルの予約をしても、当日急な仕事が入るなどして予定が変わることはよくあると思います。ホテルのキャンセルをしないでそのまま放置したらどうなるのでしょうか。まず「ホテル予約のキャンセル」とは法的には「宿泊契約の解除」となります。予約成立で宿泊契約を結んだことになり、キャンセルの成立は「宿泊契約が解除に合意した」ということになります。

客が「予約をキャンセルしないで放置して宿泊もしなかった」ケースというのは宿泊状態を一方的に破った状態になりそうです。この場合は債務不履行となり、客は宿泊費の全額を損害賠償しなければならなくなります。ただし、キャンセルされたせいで出来た空室が当日宿泊客で埋まったのであれば、損益が相殺され、その分の損害はなかったことになるかもしれません。逆にホテルがガラガラな状態で、そうした形で宿泊をしなかったら全額損害賠償する形になるでしょう。つまり、「予約をキャンセルしないで放置して宿泊もしなかった」場合、契約違反の責任は発生するが、場合によっては損害が発生しなかったと判断されるケースもあるようです。

ただ、損害が出ない場合もあるかもしれませんが、キャンセルしないで放置すること自体は良くないことですよね。